リーフオーナー写真

LEAF Drive Diary No.

新型リーフで金沢から輪島まで!【冬偏】

さん(リーフ歴 

金沢~輪島
走行距離: 112km
充電場所:

ドライブの様子

出発

2018.01.11
こんにちは!広報室の柱山です。
10月に行いましたドライブ日記「金沢から輪島まで」の冬偏です。
冬は低温のため航続可能距離が他の季節を比べて
短くなります。
実際どのくらい違うのかを比べてみました。
気温は7℃から3℃、エアコンは23℃設定のオート。
シート・ハンドルヒーターもオン。e-Pedalオンです。
シート・ハンドルヒーター以外は前回と同じ設定です。

ドライブの様子

到着

前回と比べた結果は以下の通りです。
バッテリー消費量 39%→53%
電費 7.6km/kWh→6.5km/kWh
10月と比べてバッテリー消費量が1.36倍増えたという結果になりました。
ざっくり言うと春秋には100km走行できたものが70km程になるということです。
電費も悪くなっています。
気温と、スタッドレスタイヤということが影響していると考えられます。

また、走行距離が前回108kmであったの対して今回は112kmでした。
これは夏タイヤが17インチであったのに対してスタッドレスタイヤが16インチであるため、外径が若干違うためであると思います。

ドライブの様子

充電時の電力1

バッテリーが満タンに近い(画舫では85%)時に出力44kWの急速充電器を使用すると
実際には12kWで充電されています。

ドライブの様子

充電時の電力2

バッテリーが空に近いとき(画像では33%)
時に44kWの急速充電器を使用すると
実際には38kWで充電せれています。

ドライブの様子

始動直後の消費電力

ヒーターを使用するためエアコンの消費電力が3kW程に上がってます。

ドライブの様子

一定時間経過後の消費電力

室温が設定温度に達するとエアコンの消費電力は減り、0.6kW程度となります。

EVに限らず、自動車は冬場は燃費や電費が悪くなります。
EVとガソリン車で共通していることは、気温が低いと摺動部の抵抗が増すことが挙げられます。
さらに、EVの場合はバッテリーの内部抵抗も増ます事でガソリン車以上に低温の影響を受けます。

そこで少しでも、航続可能距離を減らさないようにする工夫を紹介します。
熱源のないEVは電気ヒーターを使って温風を出します。このヒーターがものすごく電気を消費します。画像にあるように室温が設定温度になるまでは3kWと、かなり大きな電力を消費します。
しかしガソリン車と違い始動後すぐに温風が出てきますので、設定温度に達する時間はとても早いのです。
つまり、出かける前(充電中)にリモートやタイマー機能を使ってエアコンをつけておくことで
走り出してからの電力消費量を節約することができます。

また、リチウムイオン電池は、充電量が満タンに近づくにつれ、入っていく電力は小さくなっていきます。
画像にあるように、同じ44kWの急速充電器を使用しても、実際の数字には倍以上の差があります。
同じ10分の急速充電をした場合でも、バッテリーの残量がより少ないほうが、より多くの電気を充電することができます。

急速充電の目安が80%になっている理由は、それ以上になると速度が遅くなり時間がかかるので
効率が悪くなるからです。
長距離移動時に効率よく(短時間で)充電をしたい場合は、なるべくバッテリー少なくなる地点で急速充電を行い、次の目的地まで充分な量が充電できれば、さっと切り上げて出発したほうが時短になるでしょう。


コメントお待ちしています!

※承認後公開されます。

名前
コメント